インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンは、

接種後2週後に抗体が上昇し始め、

1か月後まではピークになり、

3,4か月したら低下し、接種後5か月間持続します。

ですから、10月から11月中に接種をおすすめします。

ワクチンをうって、インフルエンザになることは、

絶対にありませんので、安心してください。

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和

カテゴリー