きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

大腸がん

「大腸がん」は、罹患者数が一番多いがんです。

食生活の欧米化によることも言われていますが、理由は一つではありません。

進行すると、血便、下痢・便秘、腹痛、便が細くなった などがおきます。

毎日排便後に、便を観察し、血が混じっている、黒っぽいなどあれば

調べる必要があります。

検診では、便潜血検査で便に血が混じっていないかどうか調べますが

早期発見できれば、体に負担のない内視鏡治療ができます。

毎年、検診を受けましょう。

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和