きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

気管支喘息

気管支喘息は、

慢性的に気道が炎症を起こしている状態です。

そのために、気道が狭くなったり、

痰が多くなったりします。

気管支喘息と診断された方で、治ったから吸入をやめた、と

いう方がたくさんいますが、これは間違いです。

風邪をひいたりすると、発作を起こし、

命もおびやかします。

発作を起こさないように、毎日吸入をしないといけません。

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和