きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

肺がん検診

最近、肺がん検診で見落としのニュースを見ます。

通常、肺がん検診は、レントゲンで調べます。

しかし、小さな肺がんはわからないことがあるのも事実です。

レントゲンは、通常正面から撮影するので、

骨や心臓に隠れてしまうことがあります。

小さな初期の肺がんは、余計にわかりません。

初期の肺がんを見つけるには、CT検査が必要です。

放射線の線量を低くした、低線量CTが有用です

一度、ご相談ください。

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和