骨粗しょう症の検査ができるようになりました。

骨粗しょう症は、骨密度が減って強度が低下し、

骨折を生じる病気です。

原因の大きなものは、閉経後女性ホルモンが減ることです

骨粗しょう症は、閉経後急激に悪くなりますが、症状はありません。

そのままにしておくと、腰や足の骨折を起こしやすくなり、

寝たきりになってしまうかもしれません

早めの検査と治療が必要です

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和

カテゴリー