救急診療・総合診療・小児診療・CT/MRI
きくち総合診療クリニック

救急診療・総合診療・小児診療・CT/MRI
きくち総合診療クリニック

LINE友だち追加

ブログ

Blog

膵臓がんは、MRIで超早期に発見しましょう。

膵臓がんの特徴~一番予後の悪い癌です。 1年で40000人がなり、 30000人が亡くなる病気です。 見つかった時は場所によっては   手術できないことが多い(5人に1人しか手術できない) 手術しても再発率が高い (5年生きれる人は3人に1人) 症状が出にくい、採血でもわからない 効果的な治療法がない   そのため、症状がない時に、 すい臓がんを超早期に発見するには、 MRIしかありま...

血液1滴で、肝機能、糖尿病、コレステロールがわかります。ご自宅で。

ご自宅で検査して、郵送するだけです。 病院にいく時間がない方はおすすめです。 また、B型、C型肝炎検査、HIV検査もできますので だれにも知られたくない方は、おすすめです。 保険外診療です。 7月1日からです。 ...

唾液で、がんのリスクがわかります。ご自宅で検査。

  ご自宅で唾液をとって、郵送するだけです。 肺がんのリスクが高い、胃がんのリスクは少ない など わかります。 保険外診療です。 6月1日からです。   ...

尿で、がんにかかっているかどうか、調べられます(ご自宅で検査)

代表的な15種類のがんが、 体内にいるかどうか、尿で調べます。 ご自宅でとって、2時間以内にクリニックに持参してください。 保険外診療になります。 6月1日からです。   ...

全身がんドック(DWIBS)ドゥイブス は、おすすめです。

最新MRIでしかできない、全身がんドックです。 ガンがあれば、異常信号で部位がわかります。 怪しいところがあれば、精密検査にすすみます。 メリット ①30分寝てるだけで全身を調べることできる ②注射なし、食事制限なし ③放射線の被ばくなし コロナの時代に、いろいろ検査する心配ありません。 一度に検査できます。 とてもおすすめです。 最先端の検査を、かかりつけクリニックで ぜひ検査しましょう。 ご...

早期肺がんを見つけるにはCTです。

肺がんは増えています。 しかし、通常の健診で行うレントゲンでは、早期の肺癌は見つけられません。 CTで肺を細かくみれば、上記のような早期の肺癌を見つけられます。 この方は、総合病院にご紹介し、胸腔鏡で手術できました。 咳が長引く方は、CTが必要です。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは、 救急診療・総合診療を通じて、地域医療に最大限に貢献します...

女性の技師さんがエコーやってくれます

乳がん検診 乳がんは増加傾向にあります。 日本は先進国の中でも乳がん検診率が低いままです。 検診は、ためらう方も多いと思います。 当院は、痛くないエコー検査で、 女性の方がやってくださいます。 女性の方は、1年に1回検査をおすすめします。 がんは、早期発見、早期治療です。 電話で予約できます。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは、 救急診療・総合診療を通じて地域医療に最大限に貢献します。 ...

大腸がんの初期症状

大腸がんは進行しないと、症状が出にくいがんです。 大きくなれば、お腹が張ったり、下痢、便秘を起こします。 初期の小さい時は、便の検査でしかわかりません。 大腸がんは増えています。 他人事ではありませんので、 積極的に検便の検査をしましょう! きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

大腸がんが1位です。

先日、厚生労働省から発表され、 大腸がんにかかる方が一番多い結果になりました。 食事の欧米化、脂肪摂取の増加が原因の一つです。 早く見つけるには、検便検査ですが、 発見率は50%です。 いつもの違うお腹の不調があれば、すぐ病院に受診しましょう。 急に下痢になったり、便秘になったりしたら要注意です。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

肺がん検診

最近、肺がん検診で見落としのニュースを見ます。 通常、肺がん検診は、レントゲンで調べます。 しかし、小さな肺がんはわからないことがあるのも事実です。 レントゲンは、通常正面から撮影するので、 骨や心臓に隠れてしまうことがあります。 小さな初期の肺がんは、余計にわかりません。 初期の肺がんを見つけるには、CT検査が必要です。 放射線の線量を低くした、低線量CTが有用です。 一度、ご相談ください。 き...
1 2