救急診療・総合診療・小児診療・CT/MRI
きくち総合診療クリニック

救急診療・総合診療・小児診療・CT/MRI
きくち総合診療クリニック

LINE友だち追加

ブログ

Blog

MRIによる全身ガンドックDWIBSは、全身を一度に調べられます

70代の男性です。 貧血があり、MRIによる全身がんドックを行いました。 大腸に異常信号が認められ、大腸がんがわかりました。 総合病院にご紹介しました。 MRIによるDWIBS(ドゥイブス)という 全身がんドックは、わずか20分で全身を調べることができます。 まだ保険がきかない最先端の検査です。 放射線の被ばくもない、痛くもない、わずか20分です。 おすすめの検査です。 医療法人ONE きくち総...

コロナに慣れてる場合ではありません。が、過度に心配することもありません。

新型コロナウイルスの感染者数を減らさないといけない理由は 2つあります。 1つは、高齢者や体の弱い方に感染したら、重症化して命をおとすかもしれないからです。 ワクチンの効果がいつまで続くかわかりませんし、若い方も重症化しています。 若い方は、無症状で他人にうつすことが多いです。 いくら仲がいい友達でもマスクしないで会話やランチはやめましょう。 若い方は軽症ですむことが多いですが、頭痛やしびれ、脱毛...

スタッフの抗体量の途中経過

当院スタッフ3人の抗体量の途中経過です。 接種前→1回目接種後→2回目接種後→接種後1か月 A:4.6→851→4354→1695 B:2.3→870→9639→3254 C:3.1→2364→13395→5612 3人とも、2回目接種して、1か月で 半分以下に減っていました。 すこしショックですが、抗体量は必ず減少していきます。 ちょうど、ファイザー社からの3回目の接種の申請がでましたね。 2回...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「ある者にぴったりの靴は、  他のものにとってはきつい。  人生において、  全ての人間に適したレシピなどない」です。 スイスの心理学者 ユング(1875~1961)の言葉です。 自分がいいと思ったことは、他人にはいいことではないかもしれません。 他人が心地よいと思ったことは、自分には不快かもしれません。 価値観は、人それぞれですね。 人生はあっというまです。...

コロナウイルスワクチンは、かかりつけが安心ですね。

当院は、かかりつけの方を中心に、 綾瀬市、綾瀬市外の方も、接種しています。 大きな副作用もなく、安全に接種しています。 アナフィラキシーショックなど、重大な副作用が 万が一起きてしまった時は、 救急科専門医の院長と 看護師ですぐ対応できます。 今後も、地域医療のために、 ワクチンを接種していきます。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは、 救急診療・総合診療を通じて、地域医療に最大限に貢献...

脳MRIを受けましょう。

  当院の脳MRIで見つかった巨大な脳動脈瘤。 破裂するまえに治療して、 クモ膜下出血を防ぎます。 脳出血は寝たきり生活になってしまうこともあります。 高血圧の方は、検査しましょうね。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは、 救急診療・総合診療を通じて、地域医療に最大限に貢献します。 院長 菊池 大和   ...

新型コロナウイルス抗体量検査

6月7日から、新型コロナワクチン抗体量検査をはじめます。 ワクチンを2回接種して、2週間以上たった方が対象です。 血液検査で3日で結果がでます。 ワクチンを接種して、ほとんどの方が 抗体がつきますが、 抗体量や、どのくらいで減っていくのかは、 個人差があります。 自分の抗体量を知っていくことは とても大事です。 今後日本で必要な検査になるでしょう。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは、 ...

スタッフ3人の抗体量

当院スタッフは、全員ワクチンを接種しました。 その中で3人は、血液中の抗体量を調べてみました。 接種前→1回目接種後→2回目接種後です。 A:4.6→851→4354 B:2.3→870→9639 C:3.1→2364→13395 抗体量は個人差がありますが、 いつまで抗体が残っているのか、気になるところです。 3か月ごとに採血してみます。 抗体がなくなれば、またワクチンが必要になると いうことで...

腰痛は整形ではなく、まず内臓を調べましょう

3か月前から腰痛があり、 他の整形外科に通院していた男性です。 腰痛がよくならず当院でCTを施行し、 すい臓がん、肝臓転移がわかりました。 原因不明の腰痛があれば、まずCTで内臓を調べましょう。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは、 救急診療・総合診療を通じて、地域医療に最大限に貢献します。 院長 菊池 大和 ...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た」 です。 フレデリック・ラングブリッジ(1849~1923)の言葉です。 同じ場所にいても、自分が何を見るか によって、 気分が違うものですね。 下を向いてばかりで汚いものをみて 悲観的になるか、 上を向いてきれいなものをみて、 幸せを感じるか、 すべてはあなた次第です。 他人は関係ありませ...
1 2 3 4 5 55