きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

モハメド君

keirnen

(写真はお父さんに承諾を得ています) 先週クリニックの近くで、意識がなくなりけいれんし、 お父さんが連れてきたモハメド君です。 クリニックで処置をし、藤沢市民病院まで 救急搬送してきました。 今日元気に顔を見せにきてくれました。 一人の命を助けるには、チームワークしかありません。 クリニックのスタッフ、綾瀬の救急隊、 藤沢市民の医師、ナース、事務の方々 本当に救急はすばらしいです! 赤ちゃんからご...

高血糖症状

のどがかわく、尿が多い、 だるい、体重が減った、などの症状は、 高血糖かもしれません。 放っておくと、意識もおかしくなり危険な状態になります。 体調がすぐれない方は、受診しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

風邪やインフルエンザにかかったときは

漢方は、体を温めたいときは熱湯に溶いて服用するのが 有効です。 風邪の初期で熱がこもっているときは 葛根湯2包をお湯に溶かして服用します。 汗をかくまで、4時間おきに続けます。 またインフルエンザの時は、 麻黄湯を200mlの熱湯に溶かして服用すれば 汗をかきすっきりして、早く治ります。 私もこれを実践してから、1日で風邪を治しています。 ぜひ、ご相談ください。 きくち総合診療クリニックは、みんな...

インフルエンザがでました。

昨日、今年初のインフルエンザの患者さんがでました。 まずは予防が大切です。 規則正しい生活と十分な休養、 マスク、手洗い、うがいをこまめにしましょう。 そして、ワクチンを接種しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

気管支喘息

気管支喘息は、 慢性的に気道が炎症を起こしている状態です。 そのために、気道が狭くなったり、 痰が多くなったりします。 気管支喘息と診断された方で、治ったから吸入をやめた、と いう方がたくさんいますが、これは間違いです。 風邪をひいたりすると、発作を起こし、 命もおびやかします。 発作を起こさないように、毎日吸入をしないといけません。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供...

女性の心筋梗塞

女性は、閉経後に動脈硬化が進みます。 つまり、閉経後に心筋梗塞や脳梗塞になる確率が高くなります。 男性に比べ、心筋梗塞、脳梗塞の 発症年齢が高いです。 女性の心筋梗塞は、 腹痛、吐き気、背部痛、呼吸困難、倦怠感などの症状が多く、 男性のような激しい胸痛でないこともあります。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

急性虫垂炎

虫垂炎(俗に盲腸)は、緊急手術が必要になるかもしれない 病気です。 右の下腹部が痛くなるのが一般的ですが、 みぞおちが痛くなったり、吐き気、下痢などを 起こすときもあります。 検査は、CT検査が一番有用です。 緊急で手術するのか、様子をみるのか、 主治医とよく相談が必要です。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

熱中症

猛暑が続いて、全国各地で熱中症の救急搬送が増えています。 熱中症の初期症状は、 悪心、頭痛、めまいが多いです。 こむらがえりや、倦怠感がある場合は、塩分を含む 水分補給や点滴が必要になります。 40度近い高熱は、病院で適切な処置が必要です。 具合が悪い時は、日陰で横になり、安静、水分補給をしましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

悪心・嘔吐

吐き気で来院される方の多くは、胃腸炎です。 しかし、怖い病気も隠されていることがあります。 脳出血、心筋梗塞、大動脈瘤破裂、腹膜炎、急性緑内障発作などです。 これは、CTや心電図、採血をしないとわかりません。 どんな病気も早期発見がとても大事ですので、なにか症状あれば受診してください。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

熱中症

暑い日が続いています。 熱中症は、1度、2度、3度と分類します。 1度は、めまいや筋肉痛、こむら返りなどの症状、 2度は、頭痛、嘔吐、倦怠感などの症状、 3度は、意識がおかしくなったり、けいれんする症状です。 1度は、安静、水分補給 2度は、点滴などの入院治療 3度は、とても危険な状態で集中治療が必要です。 高齢者はあまりクーラーを使われないことや、体温調節ができないため 容易に熱中症になってしま...
1 2