きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

医師会かかりつけ医研修会

昨日は、医師会が主催する研修会でした。 国が勧める、地域包括ケアシステムとは、 患者さんが自分の住む家から離れずに、 医療、介護を受けられるシステムです。 かかりつけ医の指示のもと、 いつでもクリニックに受診でき、 ケアマネージャー、訪問看護、訪問介護、訪問リハビリが、 患者さんを包んでサービスを受けられることです。 そのためには、みんなが顔が見える関係でないといけません。 そろそろ、地域のケア...

クリニック経営研修会

昨日は、クリニックの経営研修会でした。 とても勉強になりました。 日本は今、人口が減っています。 今後10年20年、患者さんも減りますし、 病院、クリニックで働くスタッフも減ります。 そんな環境で、クリニックはどうやって継続して、 地域医療に貢献できるのか。 今の地域に必要なことを常に考えながら、診療するのが大事です。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長...

労務管理の研修会

昨日は、労務管理の研修会でした。 とても勉強になりました。 2019年4月から 「働き方改革関連法」が順次施行されます。 働き方は、時代の流れで変わっていきます。 しっかり働き、しっかり休める。 クリニックでも、時代の流れにそって、柔軟に、 スタッフが気持ちよく働けるように整備をしていきます。 それが、患者さんのためにもつながります。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提...

日本救急医学会

昨日は、日本救急医学会に出席してきました。 普段あまり経験しないような、珍しい病気が発表されていました。 普段から、視野を狭くして診療をするのではなく、 視野を広げる総合診療は、とても大切です。 病気は一つではありません。 2つ3つ病気が重なっていることはよくあります。 総合診療の大切さを身に染みて実感しました。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池...

かかりつけ医研修会

昨日は、日本医師会のかかりつけ医研修会でした。 新しい知識の吸収と整理ができて、とても有意義でした。 普段の診療に役立てていきます。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

救急専門医セミナー

昨日、救急専門医セミナーに参加してきました。 感染症のことや災害のことなど、勉強になりました。 医学は進歩しています。 常に勉強して、それを患者さんのために役立てていきます。 今日は、クリニックにテレビの取材が入ります。 ご協力よろしくお願いいたします。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

蘇生法の講習会

本日は、院内で救急蘇生の講習会を行いました。 心臓マッサージやAEDの使い方を、確認できました。 とても有意義な時間でした。 綾瀬救急、消防の方々には、感謝いたします。 今後ともよろしくお願いいたします。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和   ...

市民公開講座を行いました

11月11日、綾瀬市役所で市民公開講座を やらせていただきました。 医師会の吉崎会長をはじめ、関係者の方々に感謝いたします。 70名ほどの市民の方々にお越しいただき、 「総合診療とは」というテーマでお話しさせてもらいました。 総合診療クリニックは、高齢化の日本において、なくてはならないものです。 そのためには、市民、行政、医療関係者が必要性を理解する必要があります。 今後も、講演活動を続けていきま...

企業講演

おはようございます。 9月28日は、某企業の社内研修会でした。 お誘いをいただき、「総合診療について」講演をさせていただきました。 社員の皆さんに、とても興味を持っていただけたと思います。 総合診療クリニックが日本中に広がれば、患者さん、 特に高齢の方には、安心だと思います。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

神奈川県医師会在宅医療研修会

平成29年2月4日、神奈川県医師会在宅医療研修会に参加してきました。 印象に残っている内容は、 「高齢者の8割は自宅で最期を迎えたいのに、実際は8割が医療機関で最期を迎えている」ということです。 なぜでしょうか。 様々な理由があります。一番の理由は、「家族が面倒みれない、やっぱり心配」 ということだと思います。 これから先、病院にはベッドがなくて入院したくてもできなくなります。 そのため今後、地域...
1 2