認知症かどうか、気づくタイミングは?

以下は、東京都の疫学調査で、家族が気づいた生活上の変化を

頻度別にあげたものです。

①同じことを何回も言ったり聞いたりする

②財布を盗まれたという

③だらしなくなった

④いつも降りる駅を通り過ぎた

⑤夜中に急に騒ぐ

⑥置き忘れ、しまい忘れが目立つ

⑦計算間違えが多くなった

⑧物の名前が出てこない

⑨ささいなことで起こるようになった

身の回りのご家族や友人で、心当たりがあれば、一度検査しませんか。

認知症の診断は、問診、採血、頭部CTなどが必要です。

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和

 

 

カテゴリー