認知症の種類

認知症は脳の器質的な障害により、通常の生活ができなくなる状態です。

脳の障害される部位により大きく、4つに分類されます。

①アルツハイマー型認知症(約半数)

②血管性認知症

③レヴィー小体型認知症

④前頭側頭型認知症

それぞれに特徴的な症状がありますが、併存することもあります。

①と③には、進行を抑制する薬があります。

認知症の診断は、問診、採血、頭部CT(MRI)です。

なによりも予防と早期発見が大事です。

お気軽に、ご相談ください。

きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。

院長 菊池 大和

 

 

カテゴリー