救急診療・総合診療・小児診療・CT/MRI
きくち総合診療クリニック

救急診療・総合診療・小児診療・CT/MRI
きくち総合診療クリニック

LINE友だち追加

総合診療かかりつけ医が全国に拡がれば、
地域医療は守られる

ブログ

Blog

きくらげ入りたまごスープ 当院栄養士さんレシピ

【材料】1人分 ・卵       1個 ・きくらげ    適量 ・えのき     適量 ・ねぎ      1/4本位 ・ごま油     少量 ・中華スープの素 小さじ1/2 ・塩コショウ   少々 ・水       200ml   【作り方】 ・ねぎ、えのきは食べやすい大きさに切る。 ・きくらげは細切りにする。 ・鍋に水と中華スープの素、ねぎ、えのきを入れ煮立たせる。きくらげを入れて 1...

きくらげと豚肉のオイスター炒め   当院栄養士さんレシピ

【材料】2人分 ・豚小間肉    150g ・生きくらげ   1pc(約70g) ・卵       2個 ・小松菜     2束 ・オイスターソース大さじ1 ・塩コショウ   少々 ・ごま油     適量   ★小松菜を青梗菜にしてもOK! ★先に炒り卵を作っておき最後に合わせてもOK!   【作り方】 ・小松菜は2㎝幅に切っておく。 ・きくらげは一口大に切る。 ・フライパンに...

認知症について ぜひ読んでください

「認知症が一気に進む原因」とは   認知症とは、病気の名前ではなく、症状の総称を表します。 人間の活動は、脳(脳の神経細胞)が正常なときに可能になるものですが、 なんらかの原因で神経細胞が死んでしまうと、物事を覚えたり、判断したり、 行動したりすることができなくなっていきます。 つまり、認知症の症状は、神経細胞が死んでいけばいくほど、症状も悪化していきます。 逆に言えば、認知症になりにくくすること...

WEB いつでもオイテル の記事監修を行いました

漢方薬ツムラとクラシエの違いは?メーカー別に効果や成分など解説
https://oitr.jp/media/difference-between-kampo-tsumura-and-kracie/ ↑ クリックです。   ぜひ、お読みください。   医療法人ONE きくち総合診療クリニックは 救急診療・総合診療を通じて、地域医療に最大限に貢献します。 総合診療かかり...

わき汗にお困りの方

わき汗にお困りの方も多いようです。 これから夏に向けて、気になることも多いと思います。 2020年に発売されたゲル状の塗り薬です。 1本で1か月持ちます。 1日1回わきに塗るだけです。 学生の方も、大人の女性の方も 一度使ってみてください。 効果は70%です。 診察ではわきを見せなくても、問診だけで大丈夫です。 オンライン診療も可能です。 ...

麻疹(はしか)について

厚生労働省から麻疹(はしか)の国内集団発生の恐れがあるとして
保健所や医療機関に注意の連絡が届きました
抗体を持っていない方に麻疹ウイルスに感染すると、10日前後で高熱がでます。
その3日後に全身に発疹が出て、通常1週間で自然に治ります。
怖い合併症は肺炎や脳炎です。
お子さんも大人の方も感染します。
新型コロナウイルス感染症...

足根管症候群はご存知でしょうか。

足裏のしびれで悩む方いませんか? それは、足根管症候群かもしれません。 特徴は、かかとはしびれていない、足背はしびれていない ことです。 お悩みの方は、第2,4月曜午後のしびれ外来に受診してください。 手術すれば、すぐよくなります。 医療法人ONE きくち総合診療クリニックは 救急診療・総合診療を通じて、地域医療に最大限に貢献します。 総合診療かかりつけ医が全国に拡がれば、地域医療が守られます。 ...

男性更年期障害をご存知でしょうか

「おれってうつかなあ」 「最近、疲れやすいなあ」 「性欲がでないなあ」 「睡眠があさいなあ」 「最近夫が元気ない、なんか変」 などの症状ありませんか? それは男性更年期障害の可能性があります。 正式名称 LOH症候群(加齢弾性・性腺機能低下症)と言います。 男性ホルモンであるテストステロン値を採血で測定し、診断します。 テストステロンは、20代をピークに徐々に下がっていきます。 40歳~90歳の男...

インフルエンザの陽性率は、現在40%です。

令和5年11月12月、令和6年1月は それぞれインフルエンザ検査数は 1303件、1594件、1519件で インフルエンザ陽性率は 40.1%、46.5%、40,9%でした。 今年度は、インフルエンザが長期にわたり流行しています。 2月3月も続くと思われます。 受験など大事な行事がある時期です。 マスク、手洗いをこまめに行い、しっかり栄養と睡眠をとりましょう。 医療法人ONE きくち総合診療クリニ...

厚生労働省から推奨される運動例

厚生労働省から発表された運動例です 成人は、1日60分のウォーキング、筋トレ週2~3回、階段を使いましょう 高齢者は、1日40分のウォーキング、筋トレ週2~3回、体操・ダンス、ヨガおすすめ。   ウォーキングは、1日でわけて歩いてもいいです。 筋トレは、下半身を中心にやりましょう(スクワット) ふとももの筋肉は、70歳になると30歳の時の半分近くなくなります。 下半身は、人生を決める と...
1 2 3 4 5 23