今月の一言

今月の一言は、 「すべての夢は実現できる。 追いかける勇気があるなら」 これは、ウォルト・ディズニーの言葉です。 とても説得力がありますね。 自分のやりたいことをやるためには、 明確な目標を持ち、勇気をもって、行動するしかありません。 夢の実現は、勇気を持って行動した人にしかやってきませんね。 すべては、自分の人生を後悔させないためです。 90歳のおじいちゃんが、宇宙飛行士になりたくて 毎日筋トレ...

続きを読む

今月の一言

今月の一言は、 「昨日は去りました。明日はまだ来ていません。 私たちには、ただ今日があるのみ。 さあ、始めましょう。」 これは、マザー・テレサの言葉です。 昨日は過ぎ去った過去だからどうしようもないこと、 明日は未来だから、心配してもしょうがないこと です。 我々は、今を生きているので、今なにができるのか、 これだけを考えればいいでしょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療...

続きを読む

今月の一言

今月の一言は、 「他人はすべて自分よりもアカンと思うよりも、 他人は自分よりエライのだ、 自分にないものをもっているのだ、 と思うほうが結局はトクである」 これは、パナソニック創業者の松下幸之助さんの言葉です。 松下先生は、実業家・発明家であり、異名は、経営の神様です。 人間はどうしても相手の悪いところ、自分より劣っているところを 見つけ、悪く言う生き物です。 相手の文句を言う人は、結局自分を苦し...

続きを読む

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「巧言令色、鮮し仁」(こうげんれいしょく、すくなしじん)です。 論語に書いてある孔子の言葉です。 これは、言葉が巧みで外面ばかりを飾っている人には、 仁がない、という意味です。 仁とは、思いやり、誠心誠意尽くすことです。 人間関係を円滑にするために必要なのは、 巧みな言葉ではありません。 口下手でもいいんです。 仁があれば、相手に伝わります。 きくち総合診療ク...

続きを読む

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「20年後に失望するのは、やったことよりも やらなかったことだ。 網を解き、船を出し、帆で風を捕らえよ。 探検し、夢を見て、発見するのだ」 これは、マーク・トウエインの言葉です。 彼は、トムソーヤの冒険の作者です。 人間は、やらなかったことを後悔する生き物です。 勇気を振り絞って行動にうつす。 たとえ結果が失敗でも、時間がたてば、やってよかったと思います。 過...

続きを読む

今月の一言

明日は朝から学会出張なので、1日はやく書きます。 今月の一言は、 「努力する人は希望を語り、 怠ける人は不満を語る」です。 これは、小説家の井上 靖先生の言葉です。 一生懸命頑張る人からは不満がでません。 それはすべて自分の責任で行動しているからです。 不満を言っても前に進めないとわかっているからですね。 頑張る人は、前向きな発言しかでてきません。 一方、なにかの失敗を他人の責任にしている人は、 ...

続きを読む

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「一人一人が自分の仕事をきちっとこなすこと。 この個人プレーの連携が、真のチームプレーなのだ」 これは、日本ラグビー史上最高のスタンドオフである、 松尾雄治選手の言葉です。 スポーツでもそうですが、仕事でも同じことが言えます。 自分の与えられた仕事を責任もって、遂行する。 そして他人の仕事も助ける。 これがチームです。 ひとりはみんなのために、 みんなはひとり...

続きを読む

新年のご挨拶

富士山

新年あけましておめでとう ございます。また今日から1年がはじまります。 きくち総合診療クリニックは、昨年4月11日に開院し、 延べ4294人の方の診察をしてまいりました。 私が開業した理由は、総合診療クリニックが高齢化社会の日本に 絶対必要不可欠だと思ったからです。 あまりにも専門医の臓器別診療の風潮が強くなりすぎている 気がします。特に高齢者は、臓器別以上に「人を診る」ことが 一番大事だと感じて...

続きを読む

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「誰かを喜ばせることは、自分をも喜びでいっぱいにする。 どんなに小さな事柄でも人を喜ばせることができると、 私たちの両手も心も喜びでいっぱいになるのだ。」 これは、ドイツの哲学者、ニーチェ(1844~1900)の言葉です。 彼は、小さな村の牧師の子として生まれ、 24歳で古典学の大学教授になります。 他人のためになにかをする、他人を助ける、喜ばせることが 自分...

続きを読む

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「だれもが 自分自身の視野の限界を、 世界の限界だと思い込んでいる」 です。 これは、哲学者 アルトゥル・ショーペンハウアー(1788~1860) の言葉です。 人は、自分中心に世界がまわっていると勘違いしやすい生き物です。 自分が見えている世界は、全体のほんの一部にすぎません。 自分だけのことを考えると壁にあたります。 全体のこと、他人のことを考えて生きるこ...

続きを読む

1 2

カテゴリー