きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「だれもが 自分自身の視野の限界を、 世界の限界だと思い込んでいる」 です。 これは、哲学者 アルトゥル・ショーペンハウアー(1788~1860) の言葉です。 人は、自分中心に世界がまわっていると勘違いしやすい生き物です。 自分が見えている世界は、全体のほんの一部にすぎません。 自分だけのことを考えると壁にあたります。 全体のこと、他人のことを考えて生きるこ...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「何のために意味なんか求めるんだ? 人生は願望だ。意味じゃない」 これは、コメディアンのチャールズ・チャップリン(1889~1977) の言葉です。 彼は、ロンドン生まれ。12歳で父親を亡くし、母親も病気で 入院生活。孤児院で暮らします。12歳でパントマイム劇団に入り、 喜劇の道に進みます。 人生一度きりです。 なにかをやるときに、深い意味を探していたら、いつ...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「今日いい稽古をしたからって明日強くなるわけじゃない。 でも、その稽古は2年先、3年先に必ず報われる。 自分を信じてやるしかない。大切なのは信念だよ」 これは、昭和の大横綱 千代の富士の言葉です。 石の上にも3年と言います。 すぐに答えを求める人がいます。人生そんなにあまくありませんね。 簡単に達成したものは、簡単に崩れます。 自分の納得がいく結果を得られるま...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 「絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、 自分らしくあり続けること。それがもっともすばらしい偉業である」です。 これは思想家である、ラルフ・ワルド・エマーソン(1803~1882)の言葉です。 今の世の中、我々のまわりにはたくさんの情報が流れ簡単に耳にはいってきますが、 いちいちすべての意見を素直にきいていたら、疲れてしまいますね。 自分という軸をし...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は、 自然法爾(じねんほうに)です。 これは、禅の言葉で、 「危機に遭遇してもあるがままに」という意味です。 この言葉を、昭和の時代に体現した禅僧は、山本玄峰でした。 和歌山県の旅館の前に捨てられた赤ん坊だった彼は、25歳で出家します。 そんな彼は、生きることにも死ぬことにもこだわらない境地に達したと言います。 生きていると、悲しいこと、つらいこと、イライラすること...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は 「人間の目は、失敗して初めて開くものだ」です。 これは、ロシアの小説家、劇作家であった、 アントン・チェーホフ(1860~1904)の言葉です。 彼は、モスクワ大学医学部を卒業後、数多くの短編小説を書き、 19世紀末のロシア文学に革命を起こしたと言われています。 なにごとも失敗しないと勉強になりません。 失敗はネガティブな意味合いが強いですが、 失敗はとても前向...

今月の一言

おはようございます。 今月の一言は 「はじめはとても難しいことも、続けていれば簡単になります」です。 これは、ヘレン・ケラー(1880~1968)の言葉です。 彼女は、1歳9か月の時に病気になり、聞こえない、見えない、話せない  という障害を持つようになります。 しかし、彼女は体の不自由な方の救済に生涯を尽くします。 彼女の言葉は、とても力強く、説得力があります。 はじめから簡単なことは一つもあり...

今月の一言

今月の一言は、 「風向きを変えることはできないが、いつでも自分の進みたい方向に   帆を調整することができる」 アメリカのカントリーミュージック歌手、ジミーディーン(1928~2010)の名言です。 自分の人生は自分のものであり、他人に期待するのではなく、 自分が変われば、前に進めます。人生いつからでもなにかをはじめることができます。 なにか勇気をもらえる言葉です。 きくち総合診療クリニックは、み...

今月の一言

今月の一言は、 「この世に生を受けたこと、それが最大のチャンスじゃないか」です。 これは、1994年に事故死した、レーシングドライバーのアイルトン・セナの言葉です。 人生一度きりです。 出会った方に感謝し、自分の与えられた環境で精一杯努力したいと思います。 私はできる限り、微力ながら地域の医療に貢献したいと思っています。 きくち総合診療クリニックは、みんなで優しく包み込む医療を提供します。 院長 ...

今月の一言

今月の一言は、 「いちばんたいせつなことは、目に見えない」です。 これは、フランスの作家(1900~1944)、 サン=テグジュペリの代表作 「星の王子様」の一節です。 彼は、パイロットであり、かつ作家でした。第二次世界大戦で敵に撃ち落とされますが、 のちに、撃ち落とした敵が、「相手が彼と知っていたら撃たなかった」と証言しました。 彼は、サン=テグジュペリのファンだったのです。 この一節は、いろん...
1 2 3 4