睡眠時無呼吸症候群

ご家族から、 「いびきがすごい」「息がとまっている」と言われませんか? また、起床時に頭痛がしたり、日中眠気がきませんか? 最近、睡眠時無呼吸症候群による事故をテレビで よく見ます。 この病気を放っておくと、高血圧につながり 心筋梗塞や脳梗塞につながります。 自宅で簡単に検査できます。 一度、ご相談ください。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和...

続きを読む

百日咳

長引く咳の中に、百日咳があります。 咳が1か月前後続きます。 苦しくなって、息を吸い込むときに、笛のような音が聞こえます。 検査は、採血です。 合併症で肺炎や中耳炎があります。 ご心配な方は、検査をおすすめします。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

バセドウ病

20~40代の女性で、動悸を訴える方は多いです。 いろんな原因がありますが、甲状腺ホルモンが過剰にでている かもしれません。 バセドウ病は、甲状腺が腫れたり、眼球が突出したり、 頻脈になったりします。 また下痢や月経異常も起こすことがあります。 女性で、なんとなく調子悪い方は、検査しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹は、50歳代から急激に増えます。 帯状疱疹患者さんの7割が、50歳以上です。 日本人は、80歳までに3人に1人がかかります。 ワクチンをうって、予防しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

立ちくらみ

立ちくらみは、起立性低血圧と言います。 患者さんは、立ち上がった時に ふらふらする、めまいがする、と言います。 ただの立ちくらみならいいのですが、 一番怖いのは、消化管出血です。 たとえば、胃がんや大腸がんで、貧血が出ている場合です。 最近立ちくらみが多い方は、受診しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

インスリンとは

インスリン これは、体内で唯一血糖値をさげるホルモンです。 膵臓から分泌され、ブドウ糖を肝臓、筋肉、脂肪に 送り込みます。 インスリンが分泌されなかったり、働きが悪くなると 血液中に糖があふれます。 これが糖尿病です。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

生活習慣の改善

薬をいくら毎日しっかり内服しても、 結局は生活習慣を治さないと、体はよくなりません。 まずは以下の3つを実践しましょう。 ①たばこをやめる ②1日30分、早歩きする ③腹8分目で、やさいをとる 以上を3か月やれば、体も軽くなり、健康になるでしょう。 みなさん、心筋梗塞、脳梗塞にならないようにしましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

受動喫煙

日本では、受動喫煙で年間15000人が亡くなっています。 たばこの先から立ち上る「副流煙」の方が、 本人が吸う「主流煙」よりも有害物質が多く含まれます。 ニコチンは、3倍、 発癌物質は、100倍です。 自分にも他人にも、害があります。 たばこは、やめましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

家庭血圧

高血圧の方は、毎日、家庭血圧を測りましょう。 診察室血圧は、高く出てしまいがちです。 1日2回、起床後と就寝前に測ります。 2回はかって、平均値を使います。 朝は、起床後1時間以内に、排尿後、朝食前、 座って2分たってから測ります。 かかりつけ医に、血圧手帳を見てもらいましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

糖尿病網膜症

糖尿病の方が急増しています。 血液中に、血糖があふれ、いろんな病気を起こします。 その一つの合併症に、網膜症があります。 高血糖により、目の毛細血管が傷つき、神経が壊れていく 病気です。 網膜症は、進行するまで症状がないため 糖尿病と診断された方は、必ず眼科受診しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

続きを読む

1 2 3 4 5 11

カテゴリー