きくち総合診療クリニック

きくち総合診療クリニック

ブログ

Blog

65歳以上の女性の半分が骨粗しょう症です。

骨粗しょう症は、女性に多い病気です。 閉経、加齢、やせ、運動不足により 骨がもろくなります。 骨がもろくなっても、骨折しないとわかりません。 乳製品、小魚、緑黄色野菜そして カルシウムの吸収をよくする ビタミンD(レバー、バター)やマグネシウム(海藻、ごま)を 摂りましょう。 まずは検査が必要です。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

アイコスについて

「たばこからアイコスに変えました」 という方がいます。 アイコスにも、かなりのニコチンが入っています。 吸煙すると、たばこと同じ量のニコチンが 吸収できるように設計されています。 ニコチンは、依存性が強く、 血圧をあげる作用があります。 脳梗塞や心筋梗塞になる危険性がありますので、 辞めましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

悪玉コレステロールは、140以下にしましょう

生活習慣病が増えています。 健診で悪玉コレステロールが高い方が多いです。 LDL悪玉コレステロール値 140mg/dl以上の男性は、 心筋梗塞の危険性が3倍になります。 まずは、寝る直前の食事をやめましょう! きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

尿たんぱく

健診で、尿たんぱくを指摘されることがあります。 もちろん腎臓の病気が隠されているかもしれません。 しかし生理的蛋白尿といって、正常なときも たんぱくが出ることがあります。 運動後、発熱後、寒冷、ストレスでも 蛋白尿がでます。 また尿のとりかた(立位)でも、たんぱくがでることもあります。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

アレルギー性胃炎

花粉症がつらい時期ですね。 なにか特定の食べ物を摂った時に、 3時間以内に悪心、嘔吐、心窩部不快感が起きれば アレルギー性胃炎かもしれません。 同時に蕁麻疹や喘息も起こることもあります。 気になることがあれば、受診していただきたいと思います。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

朝の手のこわばり

寝起きに指が動きにくい という方が受診されます。 その症状が1時間以上続いたり、 3か所以上の関節のこわばりがあれば、 関節リウマチを疑います。 心配な方は、受診して検査してみるものいいでしょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

インフルエンザが一段落しました

1月、2月のインフルエンザの流行がおさまってきました。 クリニックでも、かなり少なくなりましたが、 まだまだ乾燥や寒い日が続きますので、 手洗い、うがいを続けましょう。 クリニックのスタッフは、だれもインフルエンザにかかりませんでした。 普段の健康管理をしっかりやっているからだと思います。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

前立腺肥大症の症状

男性は、年齢を重ねると前立腺が大きくなり、 いろいろ障害がでてきます。 ①尿がでにくい ②トイレが近い ③尿が残っている感じがする 以上の症状があるときは、前立腺肥大症かもしれません。 一度、診察を受けてみてはいかがでしょうか。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池 大和 ...

家族性高コレステロール血症

若いのに、 悪玉コレステロールが高い方がいます。 30代で、悪玉コレステロールが180mg/dl以上は 要注意です。 原因は生活習慣ではなく、遺伝です。 ご家族に中にも、コレステロールが高い方いませんか? 放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性が 高くなる病気です。 内服が必要になります。早めに受診しましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさしく包み込む医療を提供します。 院長 菊池...

受動喫煙

たばこが原因で、 様々ながんになったり、心筋梗塞・脳梗塞に なることがわかっていますが、 年間13万人がたばこが原因で亡くなっています。 それよりも悪いのは、受動喫煙です。 受動喫煙で年間15000人が亡くなっています。 副流煙の方が、有害物質が何倍も多いのです。 自分のたばこが原因で、人の健康を害するのは ありえないことです。 たばこは、やめましょう。 きくち総合診療クリニックは、みんなでやさし...
1 2 3 4 5 6 14